title

古銭集めを趣味とする人

古銭とは、昔流通していた貨幣のことで、趣味で集めているコレクターが今も多く存在します。 古いお金だからこそ、アンティークな価値を秘めた古銭の価値は非常に高く、数十万以上の値打ちがつくことも希少性が高ければ普通にあります。 古銭と聞いて、江戸の小判や銅銭が思いつくかもしれませんが、それは日本国内における古銭であり、世界各国にももちろん古銭は存在し、世界中に熱心な古銭のコレクターはいます。 また、何かの記念日のい時に限定的に発行される記念硬貨というものがありますが、海外の記念硬貨はプラチナや金といった、高価な金属で作られている古銭が多かった事から、日本の古銭や記念硬貨と比べて海外の記念硬貨は価値が高いものが多いです。逆に、海外の古銭や貨幣コレクターの間では、日本で流通している50円玉などのような穴の空いている硬貨(穴銭)が珍しく、高い人気があります。海外旅行に行った際には、穴銭を手土産として持参すると、意外と喜ばれますよ。 古銭は世界各国で歴史が古く、種類が膨大にあり、その時代ごとの歴史的背景も読み取れる事から、数あるコレクションアイテムの中でもの古銭は奥深いジャンルのコレクターアイテムなのです。